自分に自信がない!人前で緊張しないメンタルトレーニング

人前で緊張しない

もっと心が強ければのに、プレゼンや発表がうまい人や平常心でいられる人を見るとうらやましい。どうしたらそんな風になれるのか?しかし頑張れば頑張るほど緊張してしまう。しかしそんな人でもメンタルトレーニングを行なうことで克服することができます。

スポンサーリンク

緊張してしまう場面での対策

メンタルトレーニングで緊張改善

発表会がある、【大勢の人をまえにすると】緊張してしまうことが多いですが、それらの未来の予期不安を利用してメンタルトレーニングを行なうことができます。

予期不安をトレーニングに活かす方法

1.まず目を閉じてリラックスをします。

2.自分が緊張する場面をしっかりとイメージする

3.イメージの中で緊張感が感じるまで続けてみてください。

自分自身を追い込み続けると耐性が出来上がり、あくまでもイメージなので実害はなく、予期不安とイメージの活用をすることによって鍛えるのです。また過去のイメージを思い出して、耐性を付けるメンタルトレーニングもあり、同時に行なうと相乗効果を発揮します。

自信ができる!あがり症を克服するコツ

緊張 不安

これらのメンタルトレーニングと合わせて、リラックスした状態で頭の中を真っ白にして、無の状態を作り出してください。そうするとリラックス効果を感じられ、気持ちがふっと軽くなるはずです。

緊張に耐性を付けることにより、リラックスできる状態にします。トップアスリートは緊張を上手く利用してイメージの活用を行なっています。人は経験や場数をこなさないと不安になったり、緊張したりしますのでイメージを活用して、緊張に耐性を付けて、大丈夫だとポジティブに考えて自信を付けると良いでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加