【コミュ障対策】人付き合いが苦手でも緊張しない方法

8b78540ca6c3d6d850957f533be1b2dd_m

毎日イキイキと楽しく過ごしている人はたくさんいるかもしれませんが、その一方で日々緊張とストレスに苛まれて過ごしている人もたくさんいます。

コミュ症かも?人見知りしてしまう原因

コミュ症 あがり症

現代の生活で支障をきたしやすいのが対人恐怖症です。対人恐怖症になる原因は様々あります。人によって症状が出やすい状況とそうでない状況が全然違う場合があります。

そして傍からみて全然緊張していなさそうな人が、実はとても緊張しているということもあります。原因、症状の出方、出る場面に随分バリエーションがありますので何かとレッテルが張られやすく昔から人見知りと一括りで言われたり、現在でもコミュニケーション障害、略してコミュ障などと揶揄されたりします。

コミュ症を克服して人見知りを直す

コミュ症でも緊張しない

自分で自分のことをコミュ障と言って卑下したりする人がよくいます、しかしコミュ障であることを認識しすぎて人付き合いがどんどん苦手になります。いつまでも大人しくしていれば、人は寄ってきませんし、いつまでもコミュ障のままです。

人見知りを認識しすぎてしまう人は、会話そのものを楽しめない会話がうまく続かないという傾向があります。過度に気を使ってしまう、会話が終わったあとに落ち込んでしまうような場合もあるかもしれません。そんな場合は自分の無理のない範囲で人とかかわる機会をふやしてみましょう。人と接している時でも自分がさほど緊張せず自然体でいられることの楽しさを少しづつ積み上げていくことで解消されいきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加