「NHKキラーストレス」 宇宙飛行士も実践しているストレス解消法、コーピングリストの作り方

shutterstock_540223369

現代は、長時間労働、不規則な生活、睡眠不足、人間関係など様々な要因により心身にストレスを受けています。ストレスは、がんや心筋梗塞、脳出血などの病気を引き起こし、重篤な場合は死に至ります。ストレスによるうつ病も年々増え続けています。

スポンサーリンク

ストレスを客観的に見る「ストレス解消法」コーピングとは

shutterstock_363650897

キラーストレスとは、いくつものストレスが重なり、人間の身体の脳細胞や血管を破壊し、命を脅かしてしまうことをいいます。ストレスホルモンはコルチゾールといい、脳の海馬で神経細胞の突起を減少させます。記憶や感情機能を司っており、認知症やうつにつながります。

このストレスを受け続けると大変なことになります。どうにかストレスを解消させたいものですが、どうしたら解消できるのでしょうか?今、世界中で注目されているJAXA(宇宙航空研究開発機構)が推奨している「コーピング」という認知療法があります。

コーピングとは、ストレス対処療法で、自分のストレスを客観的に見て、ストレスに見合った対策を自分でリスト作成することです。簡単に言うと、自分の気晴らし方法、気分が上がる方法をリストアップすることです。

気分が上がる、リストアップするだけ!コーピング

shutterstock_371607493

自分が受けているストレスに対し、どんなことをすれば自分の気分が上がるかという点に注目してリストアップします。多ければ多いほど効果的で最初は100個を目指して書いていきましょう。100個は意外とどんどん出てくるのです。現実に出来ることから、妄想でも構いません。夢ノートを作るのです。ワクワクしてきませんか?

実際にストレスを感じたときに、弱いストレスなのか強くのしかかるストレスなのか、それによって身体にどんな反応が起きているかを観察します。気分が上がるようなリストアップをしたあとに、ストレスが減ったのかどうかを判断します。

効果がないリストや効果が絶大のリストなどあるかと思いますが、どんどん付け足して言っても構いません。楽しくなるような妄想をどんどん膨らませて行ってください。ストレスを自分で認知することだけでも、前頭葉の動きが活性化し偏桃体をコントロールすることができるのです。

実際に効果があるコーピングの結果

shutterstock_160190339

私は以前、夢ノートを作ったことがありました。そのときも100個書いた覚えがあります。ここで、私はコーピングをしていたのだなと感じました。リストアップするときも、ワクワクして胸がときめき、リストを一個ずつ試していくこともワクワクするのです。実際実行したことにはチェックマークを付けます。とても簡単にできることから書いていきました。

例えば、銭湯や温泉に行く。マッサージに行く。映画三昧の一日を過ごす。思いっきりピアノを弾きまくる。などなど100個書きました。行きたいところ、やりたいこと、食べたいことなど思いのままに書きだします。すると、現実になるのが早いですし、その目標に向かって人は行動するようになるのです。

なんとなく鬱々していた気分が消えていくのに気が付きます。喜びや達成感を味わうことにつながるのです。自分の「今」に満足をしている人はストレスを感じないのです。大半の人はネガティブなことを考え生きているそうですが、ネガティブなことはネガティブなことを引き寄せてしまう傾向があります
コーピングリストを作り、ワクワクで気持ちをいっぱいにポジティブに生きてみませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加