なぜ緊張してしまうのか?面接や試験で効果がある対策方法

緊張対策

面接や試験などの大切な場面になるとどうしても緊張してしまうという人は大勢います。なぜこのような場面では緊張してしまうのでしょうか?

緊張の原因とメカニズム

あがり症をなおす

誰かに怒られたり人前で話をしなければならないなどの状態に直面したとき、それはストレスとなって脳に伝わります。このときにその情報は、自律神経系の中枢である間脳の視床下部へと伝わります。

その結果副腎皮質刺激ホルモンが分泌されて、副腎髄質から【アドレナリン】が分泌されることにより心拍数が上がったり手に汗をかいたり手足が震えたりなど、いわゆる緊張状態になります。これが緊張のメカニズムです。

緊張をリラックスに変える方法

面接や本番であがらない

なお、どうしてそのような場面で緊張状態に陥ってしまうかというと、不安や恐れが背景にあると考えられています。例えば、過去の失敗した記憶が蘇ってくるなどして今回は絶対に失敗するわけにはいかないと自分自身でプレッシャーやストレスをかけてしまうことにより緊張状態に陥ってしまうのです。

イメージトレーニングで緊張を和らげる方法

トレーニングで緊張対策

このように、生きていればストレスを感じる出来事がたくさんあり、そのような出来事から完全に逃れることは難しいのが現実です。となれば、ストレスとうまく付き合いできるだけ緊張をしないように対策を立てていく他ありません。緊張してきたと感じたときは、まず呼吸を深くしながら筋肉に入った力を緩めてリラックスするように心がけましょう。当たり前のことのようですが、ゆっくりリラックスして呼吸をすることで体に力が入った状態をほぐすことができます。

また【イメージングを繰り返す】ことも有効と言われています。ただしこれは一朝一夕でできるものではなく、何度も繰り返しリラックスしてうまくいっているイメージをし続けることが大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加