「大人のどもり」をなおしたい吃音症の症状や原因

大人のどもり 吃音症

吃音症(きつおんしょう)というのは、言葉につまったり、言葉が出てこなかったりする症状のこと。ほとんどの場合は2~5歳程度の子供に症状が出ると言われていますが、実は大人になっても辛い思いをしている場合もあるんです。

大人のどもり(吃音症)とは?

「大人のどもり」の原因は、様々あると言われています。いくつかの要因が影響し合って発症すると考えられているため、はっきりとした原因が分かっていないのが現状です。けれど、大人のどもりと、子供のどもりには確かな差があると言われています。

子供のどもりは、小学校あるいは中学校に入る前には治ってしまうことがほとんど。しかし大人になるまで治らなかった場合は、これから先、自然に治るとは考えにくいものです。

吃音症は「緊張するからどもるのではなく、どもるから緊張する」と言われています。言葉が詰まっていることに気がついて焦り、焦ることで症状が悪化してしまうんです。結果的に、会話をすることに対してコンプレックスや恐怖心が生まれ、うつ病や対人恐怖症、引きこもりなどの二次障害を引き起こすこ場合もあります。

吃音症のタイプ

連声型
「こんにちは」と挨拶したいのに、「こ、こ、こ、こ、こんにちは」と、最初の言葉を繰り返してしまうことが多い。吃音症の多くは、この繰り返しから発症すると言われています。

伸発型
「こーーーんにちは」「わーーーーたし」というように、主に、最初の音を長く伸ばして発音してしまうことが多い症状。

無声型
喉に力が入ってしまい、話そうと思っても声が出ず、出たとしても、「こ………」と最初の言葉しか出ないことが多い症状。

□これらの特徴の他、話している時に目や口元やピクピク動いてしまったり、手や足を拍子をとるように一緒に動かしてしまうことも挙げられます。

現在考えられている原因は3つ

吃音 症状 原因

大人の吃音に対しては、はっきりとした要因が分かってはいませんが、この3つがお互いに影響し合って発症すると言われています。

遺伝的要因

一部の吃音症状は、とある遺伝子が関わっていると考えられています。とはいえ、この遺伝子を持っていたとしても吃音になるとは限らないため(親が吃音でも、必ずしも子供が同じ吃音になるとは限らない)遺伝要因に、何らかの要因がプラスされる発症すると言われています。

心理的要因

子供の頃には何ともなかったのに、大人になって発症した。そういった方に多いのが心理的要因です。強いプレッシャーやストレス、不安や恐怖によって吃音の症状が出る場合があります。

環境要因

小さな子供の場合、人の話し方を真似て言葉を覚えるため、身近に吃音症の人がいると発症しやすくなると考えられています。また、厳しく躾けられたことで発症する場合もあるため、この要因は心理的要因とも結びついています。

大人のどもり、自分で治療をしていく方法

大人のどもりは、確かに治りづらいと言われています。しかし、映画「英国王のスピーチ」では、実際にジョージ6世がひどい吃音症をだったことや、それを克服していった姿を描きアカデミー賞もとりました。日本人では、政治家の田中角栄、キャスターの小倉智昭、小説家の井上ひさしなどが吃音症でした。

吃音症を克服した人は大勢います。ゆっくりと取り組んでいきましょう。

どもり対策 改善 治療

吃音症であることを隠さない

吃音を人に話すことは勇気がいるかもしれませんが、隠している時の不安や恐怖に比べたら、オープンにしたほうがある程度はリラックスが出来るはずです。

言葉にメロディをつける

吃音症の特徴として、言葉の抑揚がないと言われています。そのため、言葉のリズムや流れを意識して、ゆっくりと口に出す練習をすることで、症状が改善すると考えられています。

医療機関に行く場合、何科を受診するべき?

病院によって異なりますが、主に、耳鼻咽喉科や神経内科、心療内科、リハビリテーション科で行っています。診療科目によって治療方法が異なるため、ある程度の事前の問い合わせは必要になってきます。良い病院、良い医師に出会えたのなら、診療科目は気にせずに相談してみるのが良いでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加