緊張しすぎて顔が痙攣・引きつる|あがり症を和らげる方法

緊張して痙攣する

性格的にどうしても人前に出てしまうと緊張してしまう方もいるでしょう。大勢の前に出て注目を浴びてしまうと緊張して不安とストレスなどによりうまくしゃべることができなかったりしてしまう場合もあります。

緊張 顔がひきつる

極度に緊張してしまうことで、顔の痙攣や引きつる原因には、自律神経によるものといわれています。緊張してしまうことで、自律神経が刺激され、顔が引きつってしまうためです。 あがり症をある程度克服するためには、病院での治療を受けることも大切です。また、自身で緊張しないような環境を作ることも重要だといえるでしょう。 普段、家族などでは緊張などせずに、症状がでなくても外にでて友人や知人と出会って会話すると緊張してしまう場合などもあります。

そのような状況をなんとか改善していくためには、自分を認めることも大切であり、友人や知人にあがり症だと理解してもらうことも大切です。 顔が緊張により痙攣や引きつってしまうけれども誤解しないで欲しいと相手に伝えることで、相手の理解を求めましょう。

緊張 震える

相手がその症状が出ても不審に思ったり、誤解などをしないようにきちんと自分の状態を伝えることが大切です。相手が理解してくれれば自分も安心することができ、症状がでてしまったらどうしようとか不安になることもありません。

また、不安が少し軽減されることで、緊張も和らぐでしょう。相手を信頼して、安心して会話することができるように、周囲の人の理解を深めることがもっとも重要だといえます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク