不安すぎて眠れない…緊張で寝れないときの対処法

緊張 眠れない

眠れない夜に眠るためには、心と身体がリラックスした状態であることが重要だと考えられています。 眠れない原因については、ストレスや自律神経の乱れなど様々な要因が挙げられます。

眠れない夜のオススメ

緊張して不眠症

ストレスが原因の場合、対処法としては紙にストレスの原因となった出来事や自分が今思っていることをありのまま書きだしてみることがおすすめです。この方法は紙に書きだすことによって自分の心を客観的に見ることができ、物事を冷静に考えられるようになると言われています。また、その書きだした紙を捨てることによって、精神的に少し落ち着くと言われています。このほかにも、就寝する30分前にココアを飲んで身体を温めるのがおすすめです。

ココアに含まれるポリフェノールには精神安定作用があると考えられているからです。自律神経のバランスが乱れることによって眠れない場合、交感神経が活発になっていると考えられます。自律神経には交感神経と副交感神経の2つの神経に分けられており、交感神経は活動している時に機能し、副交感神経は眠るときに優位になると寝付きやすくなると言われています。

寝る前はダメ! 眠りにくくなる行動

不安で眠れない

副交感神経を優位にするには、就寝する2時間前から脳に強い刺激を与える要素を遠ざけることが大切です。具体的には、パソコンやスマートフォン、テレビなどから発せられている光はかなり明るいので、脳が興奮して眠りにくくなってしまいます。

このことから、眠る2時間前には間接照明などの淡い光だけで過ごしましょう。テレビなどを避けてストレッチや読書などで心と身体をリラックスさせることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加