「プレゼンで緊張する」 あがり症を克服する方法

7a8ae198bb0931245eae435184c0e775_m

大勢の人前で話すことが苦手という方は多いですよね。特にビジネスシーンではプレゼンやスピーチなどそういった機会が多いです。 いざ本番を迎えたときに失敗しないためにも、事前の準備を怠らないようにしましょう。

緊張対策!効果的なリハーサルのポイント

ac4aecda3ead08e17c34984619748059_m

なにより大事なのはリハーサルです。スピーチやプレゼンは無制限の時間の中、延々と話し続けて良いわけではありませんし、かつ2、3分という短い時間でもいけません。あらかじめ与えられた時間のなかで、伝えたいことを簡潔に分かりやすく伝えるためにも、スピーチの内容を書いた原稿を用意し、時間を測りながらのリハーサルが非常に効果的です。

そして、自分が当日その場に立っていることをイメージしながら、早口にならないようにしっかりと話すことを心がけましょう。

本番に強くなる考え方

3263588f75f79e209e3dbb2bbb74eee7_m

こういったシミュレーションは何度も繰り返せばそれだけ効果があります。納得できるまで繰り返したら、さらにもう2回は実施しましょう。充分すぎる準備が知らない間に自信となって、当日の緊張を和らげてくれます。 本番当日は、これまで繰り返して来たリハーサルを思い出して、堂々と臨みましょう。

そのときに「自分はできる」「やるべきことは全てやった」と自分をねぎらうのも良いです。 深呼吸して、笑顔をこころがけ、できるだけ視線を落とさないように、参加者の首から胸元の間に視線を向けるようにすれば、聞いている方々の表情は分からないので緊張を高めることはありません。あがり症の方はぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加