あがり症が引き起こす?緊張が原因で起こる神経症や体の不調

あがり症 神経症

人間、だれでも緊張をしない人はいないはずです。どんな人でも人前に立ってみると緊張で張り裂けそうになり、いざとなると、準備していたことの半分も能力が発揮できずに表現できない経験は誰にでもあると思います。

緊張が引き起こす悪影響

緊張の原因

たまに、そうした経験をする場面に遭遇するのですから毎日仕事などでそう言った緊張感が続くと、心身症や神経症になる事もあり、その結果、健康を維持できないことにも成りうるのでしょう。あがってしまうことは、誰にでもあっても、それがこうじてトラウマとなり脅迫観念が本人を追い込んでしまうのです。自分はダメな人間と劣等感に苛まされ、うつ状態に陥り人前に出ることさえ鬱陶しくなり、ついにひきこもってしまったりするのです。

あがり症と言うと特定の人だけのように思いますが、人間ならばみんながあがり症なのでは無いでしょうか。むしろ、あがらない人の方が異常と言っても過言では無いでしょう。それだけ失敗しないように、慎重に真面目に取り組んでいる証拠なので、むしろ立派なことと言えるのでは無いでしょうか。

少しの勇気が緊張を克服するステップになる

あがり症で体がツライ

どう克服していくか、失敗してもめげない勇気を持てるかどうかで違いが出てくるのかもしれません。

大きな重圧は自分だけではないのです。そう思う気持ちで物事に挑んでいくことが、あがり症を克服する一歩なのです。生身の人間である以上次の瞬間に何が起こるかは誰もわかりません。それを恐れず挑んでいくことです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加