人前で字を書くときに緊張で手が震える!書痙を克服する方法

人前で字を書くと緊張する

人前で文字を書くことが苦手、震えてしまって苦痛になる、そんな症状を【書痙】といいます。緊張してしまうと、脳内でアドレナリンが分泌されます。字を書くときに、アドレナリンが豊富に出ていると震えてしまいます。ここで震えを止めようとすることが多いですが、かえってより緊張してしまい症状が悪化することが多いです。

スポンサーリンク

手が震えてしまう原因

あがり症で書痙

そして、自分は駄目だなどマイナス思考になってしまうと改善が難しくなっていきます。間違ってはいけないのは、誰でも人前で字を書けばある程度は緊張してしまうものです。肉体には特に問題はないので精神的な要因が大きいです。

書痙になってしまっているならば、まずは失敗してもいいというくらいの気持ちをもつことから始めてみるとよいです。仮に失敗しても、また次頑張ればいいというくらいの前向きな考えをもつことが重要です。失敗してはいけないと考えれば考えるほど人は緊張するものです。そうなればアドレナリンが増えていき、手の震えがでてきます。

人前で字を書いても震えない“心構え”

書痙は病気?

書痙は、個人差がありますが治るまでに時間がかかることも多いです。慌てて震えを止めようとするのではなく、少しずつ改善していくことが重要になります。

人前で字を書く必要がでてきたら、何も考えずに書いてみるというのも有効な方法です。少しずつ失敗したらどうしようというマイナス思考ではなく、自分のペースで書くというような前向きな考えに変えていけば書痙の症状を緩和しやすくなります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加